2010年06月24日

資格に合格するための記憶術

就職、転職,キャリアアップに資格が大きく物を言う時代です。

とくに国家資格は、その道のプロを自称出来る資格で
その国家資格を習得すべく勉強されているでしょう。

国家資格の中では、難関で知られている
司法試験や公認会計士などもありますが

国家資格に合格するためには

やはり記憶力が重要な鍵になります。


 

国家資格に合格するための記憶術の一つとして挙げられるのが速読術です。
通常よりも数倍の速度で文章を読むことができる速読術
これは瞬間的に処理できる情報量を大幅に増やすことによって可能になります。

速読術というと「本当に頭に入っているのか?」と
疑問に思う人も多いと思いますが、


脳の働きを活性化することで
読む速さだけでなく理解力、記憶力も大幅に上昇することができるのです。



情報量と速度が高まれば、その分記憶できる量も増えることになります。

国家資格はとくに暗記する量が多いだけに、
速読術の役割も大きくなるでしょう。


試験対策に試してみるとよいのではないでしょうか?

まずは気軽にできる学習訓練を、
無料で試してみてください。




http://www.wn-project.net/next/107-9.htm


記憶の容量を引き上げるポイントがわかります。
posted by 記憶道@師範 at 05:51| Comment(0) | 記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。