2010年08月06日

ライバルに差を付ける

成績の良い人、
世に言う「頭のいい人」は生まれつきと思っていませんか?

実は、頭が良いと言うのではなく
頭の働かせ方が上手なだけなようです。

こういった人たちは意識・無意識を問わず
頭を効果的に働かせる方法を知っているのです。

では頭を効果的に働かせるためにはどうすればよいのでしょうか?


それには五感の活用と適度な反復がカギを握ると言われています。


 

たとえば、なかなか覚えられない難しい単語も

音や
匂いが伴えばすぐに覚えることができます。

そういった五感をうまく活用する心がけが大事になるのです。


それから反復。

どんなに頭がいい人でも時間が経てば忘れるもの。
適度に思い返して反復することで記憶を強化することが必要です。

短期間に集中して頭に叩き込むのではなく、適度に
感覚をあけて何度も反復することによって
継続的な記憶力を得ることができます。


こういった効果的な頭の働かせ方を身につけることによって
成績アップを目指すことができるでしょう。

どうせ成績UPを狙うなら、楽しんで勉強しませんか?



http://www.wn-project.net/next/107-9.htm

にっくきアイツを、ぎゃふんと言わせちゃってください。
posted by 記憶道@師範 at 06:58| Comment(0) | 記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。