2010年08月13日

語学力と記憶力のかかわり

英語や中国語をはじめとする語学力が問われる時代となってきました。
国際化が進む現在、
ビジネスシーンにおいても語学力は重要となりつつあります。

そんな語学力は記憶力と大きな関わりがあります。


まず基本的な部分として単語や熟語、
決められた言い回しといったものを覚える必要があります。
とくに単語は記憶力が大きくものを言います。

言語を把握する能力というと左脳が司っているイメージがありますが、
それはあくまで母国語の場合。

外国語を身につける場合には
右脳の活用も不可欠なのです。

右脳は音の認識や情報を高速に処理する働きを持っています。
外国語を身につけるためには耳慣れない言葉を「音」としてしっかり聞き取ること。

1度に聞き取った情報をすばやく処理する必要があります。
それはそのまま記憶力と直接関わるものです。

このように、語学力と記憶力との間には密接な関わりがあります。

極端な話、
語学力を高めるためにはまず記憶力を高めることが必要になるのです。

外国語を勉強する際にはぜひとも踏まえておきたいポイントとなるでしょう。



語学の基本は単語を多く覚えるところから







http://www.wn-project.net/next/107-9.htm




まずは単語を覚えることに、喜びをこれで感じてみてください。
posted by 記憶道@師範 at 10:57| Comment(0) | 記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。