2010年08月06日

ライバルに差を付ける

成績の良い人、
世に言う「頭のいい人」は生まれつきと思っていませんか?

実は、頭が良いと言うのではなく
頭の働かせ方が上手なだけなようです。

こういった人たちは意識・無意識を問わず
頭を効果的に働かせる方法を知っているのです。

では頭を効果的に働かせるためにはどうすればよいのでしょうか?


それには五感の活用と適度な反復がカギを握ると言われています。


 

たとえば、なかなか覚えられない難しい単語も

音や
匂いが伴えばすぐに覚えることができます。

そういった五感をうまく活用する心がけが大事になるのです。


それから反復。

どんなに頭がいい人でも時間が経てば忘れるもの。
適度に思い返して反復することで記憶を強化することが必要です。

短期間に集中して頭に叩き込むのではなく、適度に
感覚をあけて何度も反復することによって
継続的な記憶力を得ることができます。


こういった効果的な頭の働かせ方を身につけることによって
成績アップを目指すことができるでしょう。

どうせ成績UPを狙うなら、楽しんで勉強しませんか?



http://www.wn-project.net/next/107-9.htm

にっくきアイツを、ぎゃふんと言わせちゃってください。
posted by 記憶道@師範 at 06:58| Comment(0) | 記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

難関大学に合格する知力


大学入試はその人の人生に大きな影響を及ぼす一つです。

どの大学を出たかで
その人の知力が判断されるといってもよいでしょう。

難関大学に合格できる人は元々知力が高い人、
合格できない人は知力があまり高くない人。
だからいくら努力しても限界がある。

そんな考え方が支配的ですが?


 

続きを読む
posted by 記憶道@師範 at 06:40| Comment(2) | 記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

記憶能力を向上させるコツ

暗記が苦手、
なかなか記憶できないと悩んでいる人は多いと思います。

記憶が苦手な人は頭が悪いのではなく、
記憶能力を十分に引き出すことができていないだけなのです。

記憶能力を向上させるコツはビジュアルイメージを伴わせることだと言われています。


人の名前を覚える場合にも単に名前だけでなくその人の顔立ちやスタイル、
あるいは会った時に着ていた服装やそのときの発言などを
頭にイメージさせれば覚えやすくなります。

この方法を記憶全体に活用するわけです。


その際、記憶する対象に相応しいイメージである必要はありません。
まったく関係がないイメージを無理やり結びつけてもOKです。


たとえば亀がうさぎの上に乗っているというメージでも良いのです。

強烈にイメージを脳に刻む!
それが記憶能力を向上させるための最大のポイントとなるでしょう。

ぜひともうまく身につけたいものです。
 

ゲーム感覚で記憶力を高めたい人は、
ぜひこの無料レポートを使ってみてください。



http://www.wn-project.net/next/107-9.htm

 
 
posted by 記憶道@師範 at 07:27| Comment(0) | 記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。